会社情報

運輸安全マネジメント取り組み

期間: 平成28年度(H28年4月~H29年3月)

  1. わが社の事故防止のための安全方針

    1) 法令・規制要求事項の遵守の他、安全優先の重要性を社内に周知徹底します
    2)輸送業務の根幹は安全確保であると深く認識し、業務遂行に当たっては特に以下の事項に関し万全を期す態勢を構築します
    ①輸送安全関連データの収集、分析
    ②徹底した事故調査及び事故再発防止策の立案、実行
    ③輸送安全目標の設定と検証、及び輸送安全マネジメントシステムの継続的改善並びに向上
    3) 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます

  2. 社内への周知方法

    1) 点呼場所にドライバー全員が目視できる場所へ掲示
    2) 安全教育時にドライバー全員に周知

  3. 安全方針に基づく目標

    1)人身事故 0件 物損事故 0件
    2)酒気帯び運転、速度超過運転の撲滅
    3)全ドライバーのゴールド免許取得

  4. 輸送の安全に関する計画

    1)アルコールチェッカーを活用し飲酒運転を撲滅する
    2)自動車任意保険全車加入
    3)運転記録証明書を全運転手に取得、安全教育、指導に活用
    4)行政推進要領による春(4月)と秋(9月)の交通安全運動期間に伴う交通安全運動実施
    5)指差呼称の交差点一時停止励行による予防運転の周知・実施と安全品質パトロールの実施

  5. 輸送の安全に関する教育及び研修計画

    1)運行管理者基礎講習・一般講習・特別講習(国土交通省告示1402号)
    2)整備管理者講習(貨物自動車運送事業輸送安全規則第15号)
    3)特定運転者(事故惹起運転者・初任運転者・高齢運転者)に対する適性診断
    (国土交通省告示 第1366号)
    4)一般運転者に対する適性診断
    5)メンタルヘルス研修
    6)危険予知トレーニング講習

  6. わが社の事故に関する情報

    平成28年度 事故発生件数・・・・・0件

pht_car01