2019年 ツバメレスキュー隊出動!

2019年も半年が過ぎようとしています。徐々に夏へ向かっているなと思わせる気候ですが、体調等お変わりありませんでしょうか。

 

昨年ツバメ日記をお伝えしたことを覚えている方はいらっしゃいますでしょうか。

(2018年ツバメ日記① 2018年ツバメ日記② ←こちらよりご覧いただけます。)

昨年のふるさと祭り翌日に巣立っていったツバメたち。巣は壊さずに1年過ごし、2019年も来てくれるかな?と、本社勤務の職員たちは時々巣を見上げていました。するとある日、巣を見つめるツバメの姿が!

 

去年ヒナとして巣立っていったツバメなのかはわかりませんが、壊れかけの巣をリフォームして卵を産んでいました。このまま去年のようにスクスク育ってほしい!と思っていたところ…6月19日朝、巣が地面に落ちてしまっていました。

始業前の7:30頃よりツバメレスキュー隊が出動し、ダンボールや発泡スチロールを駆使して巣を元通りのところに修復しました。

もちろん安全確認は万全です。

4S活動の一環である水曜清掃が終わったところでもう一度巣を確認しに行ったところ、また巣が地面に落ちてしまっていました。再度ツバメレスキュー隊が出動し、ガムテープをぐるぐる巻きにして(元の巣に似せたかったという意図もあります)、どうにか復旧しました。巣の中のヒナは無事ですが、警戒しているであろう親鳥が戻ってきてくれるかどうか…。

足元、頭上等…安全確認は怠りません。

※電気の業者ではありません

この困難を克服し、ヒナが元気に育ってくれることを祈っています。もうツバメレスキュー隊の出動がありませんように。

おーい。大丈夫かーい?

ご安全に!

 

その後のお話 ⇒ ツバメレスキュー隊 その後…

2019年6月21日

アーカイブ